マンガ・オリオリスープ

講談社の朝飯で連載内側の戯画「オリオリスープ」が可笑しいだ♪
ヒロインはデザイナーのオリエ、26年代独り暮らし。
スープが大好きで、外食行く末で食べたり、ぶらりと事務所で作ったりして楽しんでいます。
読んでいるといった、すっごくスープが食べたくなる戯画だ(笑)。
スープは食べたいと思ったら即座に焼き上げるのがいいですね。
冷蔵庫のゆとり野菜や収納用のハムなどを炒めて、水や乳を足して茹でれば出来上がり。
戯画の中で、季節ならではのスープの処方箋を紹介してもらえるのもうれしいです。
「キャベツは茹ですぎると臭みが出るから長くて15当たりくらいで」などと、メリット居残る提言もためになります。
百貨店をめぐってローリエやハトムギなどを見ると、戯画で見た処方箋を思い出してなんとなく買ってしまう。
紹介されている薬食卓スープなど、ハードルがおっきいスープにもむかし挑戦してみたいだ。
個人的には作者の綿貫芳子様の絵柄が甚だしく好きです。
断然毎回のTOPの、野菜といったギャルの図表は芸が細かくてひとりでにため息が出るのです。
まぶたや髪の形容などが最もきれいなので、注目しています。
ネット「モアイ」でWebも読めるので、何とぞ読んでみてください♪LINE掲示板(ライン掲示板)のID攻略サイト