無くなったら、また次の実を、

近頃、スーパーマーケットで紀州和歌山産の南数量梅のはちみつ漬けのくずれ梅、いわゆる割れたりやる別格売り物のお有利な梅干しを見つけ、購入しました。
塩が8百分率といった少なめで、400g入りで300円ぐらいという、心からお得なアイテムでした。
俺は、はちみつ梅を以て食するのが大好きなので、家に帰って直ちに開けて食べてみました。
酸っぱいだけでなく、ほのかなあま味があり、全然まろやかで旨いという感じました。
南数量梅って書いてあるだけあって、本当に大きな実で、しばし口に入れて頬張っていましたが、瑞々しい実だったので、いつしかなくなって元だけになってしまいました。
美味しかったので、もう一つ食べたいと思い、また口に入れて、ちょっと味わったのですが、
どうしても食するのを射止められず、無くなったら、また次の実を、と欲張っていたら、 いつしか8個も食べていました。
さすがに食べすぎです、として、慌てて、梅のある器物のふたを閉じ、収めたのですが、手遅れ。
気づいたら、のどが渇いてどうしようもなくなっていました。
普通、夜間まで水のペットボトルが手放せず、2リットルのペットボトル1本では足りなくて、2誌目も半分くらい総合3リットルぐらい飲んでしまいました。
もちろん、寝入るときものどが渇くし、便所にも行きたくなるし、ってハードでした。
梅干しがおいしいからといって、食べ過ぎるのは良くないな、といった反省した一年中となりました。
塩の取りすぎには気を付けないといけませんね。カカオトーク掲示板で出会えるか突入検証レポ!